2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウィジェット

他のアカウント

ホームページ

無料ブログはココログ

info

  • 新規モニター登録

« 春だよ | トップページ | 春だね2 »

2011年4月 8日 (金)

不幸中の幸いか??

昨晩、薄暗い中でテレビをぼんやり見ていて久しぶりに聞いた地震速報の警告音。

あの音、正直、とても怖いですよね。「早く逃げなさい。さもないと――」って、わざわざそんな恐ろしい言葉に書き起こさなくても良いんだろうが、そんな焦燥にかられてしまいそうになる音だ。

<<<でも、こういう時は落ち着いて冷静に行動しましょうね。慌てて転んだりするとあぶないですし、腰を落として、落下物に気をつけて、とりあえず何とか身を守ることを第一にこうどうしましょう>>>

このところ、余震が少しずつ収まってきていて、防災グッズや懐中電灯を邪魔にならないところについ置いてしまっていた、という方も多いことだろう。

私もそうですけど、そんな風に少しずつ日常生活に戻せるところから戻そう、前を向いて頑張ろうと思っていた矢先なのにね。

なのに、あんなドでかい余震なんて。津波警報の表示を見ながら、「神様の意地悪! 人でなし!!」と思ってしまった。

ニュースにチャンネルをかえたら定点カメラで映し出される震源地近くの映像、住宅街の空の向こうで、ものすごい恐ろしい光がスパークしていた。直後にあたり一帯の電気が消えた。停電、どれだけ多くの方がまた不安な夜を過ごされたことだろう。

ラジオに切り替えて横になりながら聞いていたのだけれど、今回の余震による被害の詳細はまだ入ってこず、今朝になってようやく明らかになってきた。

「でも今回は津波が来なくて良かったよ」

「津波による被害がなくて良かったよかった」

というコメントを多く見聞きしたのだが、こういうことをぺろっと言える人って、どれだけ感覚がボケてるのだろうと思う。

そりゃあ、今回の震災で津波の恐ろしさは思い知らされましたけどね。誰もが。海沿いに居合わせたら「とりあえず高台に!」ってすりこまれたと思う。

でも今回、津波が起きず、それによる被害がなかったからって不幸中の幸いって……どうしてそんな風に言えるんだろうね。

今回、亡くなくなられた方の中にはショック死された方もいる。それだけ追いつめられた精神状態でいるということ。被災地で苦しむ方の中には、これから生きていく望みを見つけられなくて自殺を図ろうする人すらいるのに、助かった方々を、また第一線で支援活動してくださっている方々に、そんな風に失ってしまうことが、私たちにとって最も起きて欲しくないことなのに、どうしてそんな風に言えるんだろう。

停電してしまった地域で、信号が停まって事故が起きたり、闇に乗じて犯罪をする不届きな輩も出没したりするのに、どうしてそんな風に簡単に言ってしまえるんだろう。

私なんか困っているのは電気くらいで――買い物も困っていると言えば困っているけど、別に卵や牛乳、納豆がしばらく食べられなくても死にはしないし、そのうち出てくるだろうし――大した被害に遭ってないけど、それでも足に震えが来て、心が折れてしまいそうになっているのだから、再びどんなにどんなに怖い思いをされたことだろう。

早く、余震なんか収まってください。原発も「月単位で解決を~」とか、クソボケたこと言ってないで、一刻も早く何とかしてください。

立ち直ろうろしている人たちに、もうこれ以上の心痛を味わわせないでください。はやく平穏を取り戻させて下さい。

一時の感情だけでなく、私たちが苦しんでいる人達のことを忘れることなく、長期的な支援をすることができるよう考えていかないといけないんですよね。

« 春だよ | トップページ | 春だね2 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

私的精神論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不幸中の幸いか??:

« 春だよ | トップページ | 春だね2 »