2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウィジェット

他のアカウント

ホームページ

無料ブログはココログ

info

  • 新規モニター登録

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

私の頭の中のプロジェクションマッピング?

出先で雨に降られた。

雨宿りをしていると、その場にたまたま居合わせた女性が家まで送ってくれという。芸術家だというその女性は、ちょっと影があって細面で長身の中性的なイメージの人。

駐車場からまわされてきた車は、私は良く知らないけどスポーツタイプの外車で、2人しか乗れない少し窮屈な感じの内装で、乗り込んでから数分すると、その車は道路から離れて空を飛び始めた――。

いや、今朝見た夢の話なんですけどね。

車で空を飛んだ。窓から見える景色は、ニューヨークの夜景だったり、雪山の上だったり、砂漠の砂嵐の中だったり、トドが争いごとをしていたり。「こんな遠いところまで来てしまって、私、本当に家に送ってもらえるのかしら?」と訝しんだりしていた。

私は夢を連続テレビ小説で見るので、ちょいちょい途切れて、ちょいちょい夢の合間に目を覚ましながら、5話目くらいには、そこが日本なのかどうかも良くわからないのだけど、芸術家の女性の家に立ち寄ることになった。

女性が玄関を開けた途端に、犬、猫、鳥、猿、珍しい猿、また珍しい猿、と猿率が高い上にほぼ野生動物(飼っちゃいけないやつなんじゃないかなーという類のもの)がわらわら出てくる。そこで動物(主に猿)と戯れながらお茶をしている時、ふいに完全に目が覚めた。

行ったことのない海外の景色(しかも俯瞰図)にしても、野生の動物たちにしても、「やけに頭の中でリアルな映像が出てきたな~」と、寝ころんだまま夢を振り返っていた。私の頭の中の映像再現能力もまんざらじゃないのかな、うふふ、と思ったり。

だが、ふと思いつくことがあった。「これって、Orbiの映像再現じゃん!?」と。

そう・・・Orbiとは、横浜にできた、SEGAの技術とBBCの撮影隊の力が結集した、みたいな大自然超体感ミュージアムのことです。

私は平日の夜に行きましたが、たぶんこの時間、比較的入りやすいんじゃないかと思うのでおすすめです。ただ・・・確かに映像と技術はすごいですが、野生動物の狩りだとかリアルな生態とかが苦手な方には、特に率先して進めない。

私も動物は好きだけれど、子供の時から「野生動物」特集は苦手でした。弱肉強食とか、そりゃそうやって地球は回ってるのでしょうけれども、どうしても直視できない。「そういうあんたも、お肉食べる癖に・・・」って、よく母に怒られましたけどね。可愛いところばっかり求めて、見たくない事からは逃げるっていうかね。まったくもって卑怯なヤツですね。

ただ、どうしてもそういったことに関して、ナーバスになる方もいると思うので、覚悟して行くことをお勧めします。ただ行って、キャハキャハ楽しめる場所とも言いきれないので。

マイナス20度の吹雪体験できるものは面白かったけどね。吹き出し口の真横に避けると多少回避できます、と言われて速攻逃げました。だってすごいもん。体温持っていかれちゃうもん。

相方はコモドドラゴンブースがお気に召したようだが、「コドモドラゴンの子供はコドモ・コドモドラゴン」とかって喜んでいましたが、そもそも「コドモ」じゃないし、「コモド」だし。個人的には狩りのシーンはやはり胸に迫りくるものがあったのです。はい。

Dvc00031初デートには、ちと重い場所なんじゃないか、と。余計なお世話ですが言い添えておきたいと思います。

あと、私は夜の10時以降にベビーカーの子を連れ回して歩く場所としても相応しいとは思えないです……。場所の問題じゃないが、時間帯の問題だが。

お土産のアヒルボールペンちゃん。ぐわぐわ鳴きます。壊れてましたけどね。自分で直したので、ちゃんと鳴くようになりましたが。

技術はすごいです、確かに。それだけでも価値はありますけれどもね。

ところで夢の中の私は、ちゃんと家に帰れたのだろうか・・・?

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »