2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウィジェット

他のアカウント

ホームページ

無料ブログはココログ

info

  • 新規モニター登録

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月17日 (火)

少女へ、そして人生のテーマとは?

少女たちのきらきらした瞳を見ると創作意欲が刺激される。

少女への偏愛を描いたもの、文学しかり映像しかり。私はそれをテーマに取り上げた人たちの気持ちがよく分かる。
少女とは、この世で最も美しくもっとも残酷な生き物だからだ。自分だけのルールで生きている、そして人々に審判を下す。
かつて私もその生き物の一人だったから分かる、間違いない。感覚を針のように尖らせながら毎日、手前勝手に生きている。そこを侵されるのを拒絶し、砦を築く。心の壁。誰にも追いつかれてたまるかと思う。
強烈なエネルギーの放射、しかも静謐に。これが惹かれずにおれようか。
けれども未だにその感覚を捨てていない自分にたまにびっくりする。ああ、まだ私は逃げ続けているのだと。無駄な抵抗なのにね。誰もいない場所への飽くなき憧れと執着心。けれど同時に理性もちゃんとあるから、自分は結局は踏みとどまるのだが。
それにいつかどうせ行くし。誰にも追いつけない場所、心地良い場所。それはすなわち、この世には存在しない場所なのだろうからねー。

いつか、その事を書いてやろうと思ってネタをためている。だが残念なことに、終着に向かってまとめあげる才能がないことに気付いたので・し・た★
今揺れました? 風か? それともポルターガイストですか? お前、早く寝ろよっ!! 夜中にぽっかり目が覚める。睡眠障害、ぶり返してます。

2014年6月 4日 (水)

鎌倉~葉山へ

何かっつうと鎌倉に足を伸ばしている気がする。

相方が好きだからなのだけど、ああ車を動かさなきゃな~っていう動機がある時、私は「混むからヤダなー」と思いつつ、「猫に会えるよ」とか「帰りにオサレカフェ寄ろうよ」とかにほだされて付き合う羽目になる。

P6010191

今回の目的はマヂで猫―! やたー!

猫寺で有名な、鎌倉の光明寺さんへいってみましたよ。

海のまんま側なのですね。すごい、いいところだー!

境内には・・・いるいる、ねこねこ! 動物霊廟があるからなのですけど、いるいる~! 守猫!!!!

P6010162好き放題ころころしてます。

茶とキジ系統でした。

P6010183通称「風呂猫」も。

入る瞬間から見ちゃった。

アールのところに体のフィットポジションを探す動作をじぃーっと見守り、腰を落ち着けたところで撮らせてもらいました。

この日は気温が急に上昇して暑かったからね・・・冷たいところを探す達人としては、抜け目なく皆涼しい所で、ころころしてました。

P6010176お庭の緑もいいですよ。ジオラマ撮りして遊んでしまいましたが、静か。

池には亀さんちゃぷちゃぷ。

海も近い! ただ、急にガスってきちゃったんですよね。

P6010193海岸にはビキニの子もいたけど、寒くないの?

暑くなってきたとはいえ・・・6月だよ?

葉山に移動してカ~フェ~「音羽の森ホテル」のテラス。やった~ しかしうちら、こんな恰好で着ちゃって良かったの? っていうくらいTシャツ&ショーパンで言ってすみません。

しかもスッピン…

Img_1266真正セレブの方なら、それはそれでオシャに見えるんだろうけれどさ・・・。とか言いながらも、テラス席でケーキ!

P6010205うん。景色、見えない。

水平線も見えない。

でもいいの、ケーキ美味しかったです! アーモンド風味のチョコのねケーキとメープルが薫るロールケーキ。ふわふわで美味しかったです!

Img_1271帰り道で出会ったボスにゃ。貫録十分なこのカッコ。

P6010196うちに帰っての夕飯は、光明寺さんで買った女川カレーでぃ!

なんでも炊き出しに行かれた際に生まれたスパイス・レシピだとか。

 

おうちで一人遊び、発動。

P6040209AKBヘビロテの衣裳が好きすぎて(ナポレオンジャケットのカッコ可愛さがマイハートにジャストミートなのかも知れん)、思わず自作してしまいました。

プリプにね。それもどうかと思うが、自分でコスプレする暴挙に出るほどのことはない自制心は失っていないので。そのくらいの分別はあるのよ。

久しぶりの一人遊び変態悦ぶり、発動。

やっぱりね、何かを創作もしくは好きなことに没頭していないと、この東京砂漠とコンクリート・ジャングルを生き抜く中で自分を見失わないようにするモチベーションが保てないのよ。

ちくちく手縫い。スカートなんて13枚の小さなカラフル布を縫うために、パッチワーク用の針を使用しちゃったからね。

その、小さく小さく、針を動かしていく時の楽しさと言ったら・・・! ま、人形の衣装だけに縫い代は綺麗に始末していないし、裏返して見ると実に手荒い作業ではあるんだけれども。

あっはっは、あたし、ほんとに器用~って笑いが止まらないくらい楽しい。

P6040233_3 AKBの子たちの着る衣裳、何気に好きだな。ポニテのも好き。何年か前の総選挙の時の衣装(変形セーラーカラーみたいな)も好きだから、次はそれ行っちゃおうかな、と思っている。

制服の変形だから好きなのかな~制服フェチだからね、自分。制服着てお仕事してる人好き。

早く言えば男の人のスーツも好きだし、広く言えば女子高生も好き。手足がすらっと長くて可愛い子に限るけど。要は「華」ね。「華」ですよ。

やっぱりそこは、スター性みたいの、持ってる子は少数派なんですよ。全員が持っていたらそれはそれで価値がなくなるものだし、各々の魅力もなくなるんですよ。

全員が主役だったら舞台、面白くもなんともないでしょ。

ただ、AKBの子たちはしばしば下着姿にされるでしょ、それが気に食わないところはある。モデルさんとか、グラビアの人はともかく、アイドルは露出過剰じゃないだっさいデザインの水着までだな、許せるの。個人的な意見を言わせてもらえればね。

っていうか、アイドル脱がして阿漕に金稼ぐ後ろに控えている大人たちの姿がちらちら見えてきてしまうと…魔法がとけてしまうでしょうよ。商売だからね、どこかで汚いのはどこの世界でもあるだろうと思うのよ。ボランティアじゃないんだから。けど裏の世界をちら見せしちゃいけない世界は、あるよね。

若い人たちはもっと色んな夢みていいのに、大人が汚している。それはいつの時代もそうだったのかも知れんが・・・あまりにも戦略でいってしまうため、誰でもいい、何でもいいって夢が叶えることの簡単なルートを行き過ぎてしまうといかさ・・・、分かんないけどね、分かんないけど。ギョウカイの人じゃないから。ただあまりにも敷居がさ、色んなことへの敷居が低くなりすぎて、ただでさえリスクがあることを知らされないのにさ、踏み越えさせるのが簡単になってしまってるというか・・・。メンタルが育ってないうちからね。

って、イキナリ何語り出した? どうした私? すっごく広い意味で個人的に思うアイドル像を語ってみました。いやいやいや、最初とテーマが変わってるから!

さ、次なにつくろっかな~!

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »